2015年3月21日

審美歯科(クラウン・インレー)の費用

項目 イメージ ワンポイント 美しさ 耐久性 治療費(税別)
オールセラミック オールセラミック ・最高の美しさ
・変色しない
・金属アレルギーがない
◎ ○ 90,000円
ジルコニアセラミック ジルコニアセラミック ・最高の美しさと強度
・変色しない
・金属アレルギーがない
◎ ◎ 120,000円
ラミネートベニア ラミネートベニア ・ホワイトニングより白くできる
・歯を削る量が少なくて済む
○ ○ 70,000円
ハイブリット
セラミック
ハイブリットセラミック ・周囲の歯や噛み合う歯を傷つけにくい
・長期間使用では変色することがある
○ ○ 60,000円
プラスチック
前装冠
プラスチック前装冠 ・割れたり、取れたりする可能性がある
・変色しやすい
△ △ 保険適用
金銀パラジウム
合金
金銀パラジウム合金 ・一般的によく使われる素材
・金属アレルギーがでることがある
× ○ 保険適用
オールセラミック
インレー
オールセラミックインレー ・最高の美しさ
・変色しない
・金属アレルギーがない
◎ ○ 45,000円
ハイブリッド
セラミックインレー
ハイブリッドセラミックインレー ・周囲の歯や噛み合う歯を傷つけにくい
・長期間使用では変色することがある
○ ○ 30,000円
金銀パラジウム合金
インレー
金銀パラジウム合金 ・一般的によく使われる素材
・金属アレルギーがでることがある
× × 保険適用

ホワイトニングの費用

項目 イメージ 内容 治療費(税別)
ホームホワイトニング ホームホワイトニングキット オパールエッセンス 16,500円
追加ホワイトニングジェル 4本 9,000円
オフィスホワイトニング オフィスホワイトニング オパールエッセンス(症例に応じてティオン併用) 1回 30,000円

入れ歯の費用

項目 イメージ ワンポイント 薄さ 安定性 治療費(税別)
チタン床義歯 チタン床義歯 ・薄くて軽い
・金属アレルギーのリスクが少ない ・食べ物の熱を感じやすい
◎ ○ 350,000円
コバルトクロム床義歯 コバルトクロム床義歯 ・食べ物の熱を感じやすい
・強度が高い
○ ○ 250,000円
ノンクラスプ床義歯 ノンクラスプ床義歯 ・バネがなく見た目が美しい ○ ○ 200,000円
磁性アタッチメント
(維持装置)
磁性アタッチメント(維持装置) ・安定性が高い 義歯による 義歯による 1箇所につき
50,000円
別途入れ歯代必要
プラスチック義歯 プラスチック義歯 ・厚みがあり違和感を感じやすい
・経年劣化しやすい
× × 保険適用

インプラントの費用

項目 イメージ 内容 治療費(税別)
カウンセリング カウンセリング   無料
CT撮影 CT 提携医院にて撮影 15,000円
精密検査 撮影データを元に骨の位置や周辺の歯の状態などを詳しく検査 5,000~10,000円
インプラント埋入 インプラント料 ザイブインプラントシステム(5年保証) 1本 250,000円
上部構造物
(5年保証)
セラミック オールセラミック 1本 90,000円
ジルコニアセラミック 1本 120,000円
ミニインプラント ミニインプラント インプラント義歯用(通常、4~6本必要) 1本 73,500円

項目 内容 治療費(税別)
オプション外科処置 上顎洞底挙上術(サイナスリフト) 1ブロック 100,000円
GBR手術 1ブロック 50,000円
ソケットリフト 1ブロック 50,000円
スプリット 1ブロック 100,000円

お支払い方法

当院では、現金でのお支払いのほかに、デンタルローンでお支払いいただけます。

一括支払い
当院受付でのお支払い、または当院指定の銀行口座へお振込みください。
注:銀行口座へのお振込み手数料は患者さんのご負担となります。

デンタルローン
デンタルローンをご用意しております。
詳しくはお問い合わせください。


矯正治療やインプラントなどの自由診療では健康保険は使えませんが、高額治療費は医療費控除の対象となります。

医療費控除について

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象となります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1年間に10万円以上の医療費が必要となった場合に所得税の一部が戻ってきます

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には、翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され、税金が還付または軽減されます。

ただし、1年間に支払った医療費が10万円以上でなければ対象となりません(申告額は200万円が限度です)。所得金額合計が200万円までの方は、所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

控除金額について

控除される金額は下記の計算額となります。

控除金額について

所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。

詳しくは国税庁のホームページへ

医療費控除の対象となる医療費

・医師、歯科医師に支払った診療費、治療費
・治療の為の医薬品購入費
・通院、入院の為に通常必要な交通費(電車賃、バス代、タクシー代等)
・治療の為に、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師による治療を受けた際の施術費
・その他

還付を受けるために必要なもの

・確定(還付)申告書(給与所得者は源泉徴収票)
・領収書(コピーは×)
・印鑑、銀行等の通帳

*確定(還付)申告書は地元の税務署においてあります。
*申告期間は翌年の2月16日から3月15日の間です。ただしサラリーマンの方の還付は1月以降受理されます。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス