インプラントとは

インプラント

インプラントは第二の永久歯といわれるように、ご自身の歯に近い状態を取り戻すことができる治療技術です。 インプラントが第二の永久歯と呼ばれる理由は、インプラントの構造がブリッジや入れ歯といった、従来までの治療技術と全く異なるからです。

歯の構造は、大きく分けて歯肉から見えている「歯冠」と歯肉下の「歯根」の2つに分かれます。歯根は、歯を顎の骨に固定し歯冠を支えている部分です。歯を失うということは、この2つを失うことでもあります。

歯冠の機能を取り戻すには、入れ歯やブリッジといった治療方法があります。しかし、歯冠と歯根の両方、つまり歯全体の機能を取り戻すことができる治療はインプラントだけであることから「第二の永久歯」ともいわれているのです。

インプラントの利点
1.噛む力が天然の歯と変わらない
これはインプラントを顎の骨に植立して、直接に固定しているためです。

2.周囲の歯を傷つけない
ブリッジのように前後の歯を削ったり、入れ歯のように前後の歯にバネをかける必要がありません。インプラントは他の歯に負担をかけずに単体で機能させることができます。

3.美しい仕上がり
セラミックやジルコニアなどの人工歯(上部構造)を選択すれば、高い審美性が期待できます。また、インプラントが顎の骨に力を加えますから、顎の骨が痩せるのを防ぐ効果もあります。

インプラントの欠点
1.治療期間が長い
顎の骨に植立したインプラントが、周りの骨と結合するのに2ヶ月から6ヶ月かかります。その後に上部構造の人工歯を取り付けますので、トータルで3ヶ月から7ヶ月程度かかります。

2.全ての人に対応できるわけではない
糖尿病や心臓病など全身の状態によっては、インプラント治療ができないことがあります。インプラント治療を希望される方は主治医とご相談していただく必要があります。

3.健康保険の適用がない
インプラントは自由診療扱いのため健康保険の適用がありません。使用するインプラントの種類や本数、人工歯の種類によって費用は異なります。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス