「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の比較

インプラントインプラント
インプラントの場合、両隣の健康な歯を削る必要がない点がブリッジとの大きな違いのひとつです。また、入れ歯と比較した場合でも、隣の歯にバネなどを引っ掛ける必要がないことから、残っている健康な歯を長持ちさせることにつながります。噛む力の強さや見た目も、天然の歯と遜色ありません。

入れ歯(部分入れ歯)入れ歯
ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要はありませんが、バネで両隣の歯に留めて使用するものなので安定感に欠け、硬いものが噛みにくいといったデメリットがあります。また、異物感が強いことや、審美性に劣ること、食べ物が挟まったり入れ歯が合わなくなると痛いなどのデメリットもあります。

ブリッジブリッジ
部分入れ歯に比べると安定感が高く、噛む力も回復することから、自分の歯に近い噛み心地が得られます。ただし、ブリッジを支える両隣の歯を大幅に削る必要がある点が大きなデメリットです。また、咬み合わせたときも両隣の歯に負担がかかるため、さらに歯を失っていく原因になることもあります。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス