当院のインプラント治療

ザイブインプラントシステム当院では、ドイツ・デンツプライフリアデント社のインプラントシステム「ザイブインプラントシステム」を採用しています。このインプラントシステムは、これまで治療が困難だった無歯顎や骨吸収の進んだ顎堤にも適応するだけでなく、ジルコニア製のアバットメントが使用可能な、審美性にも優れたインプラントシステムです。

ザイブインプラントの7つの特徴
特徴1:短期間に骨との結合を可能にする最新の表面性状 「PLUS」
インプラント表面にブラスティング処理を施した後、高温で酸エッチング処理を行い、表面に均一で微小な凹凸 を作り出すことで、骨の細胞(骨芽細胞)の付着を促進。インプラントと顎の骨の結合を早めることができるため、従来のインプラントよりも治癒期間が1~2ヶ月短縮されました。

特徴2:審美的な人工歯が可能な「ジルコニアアバットメント」
ジルコニア(ZrO2)とは、別名「模造ダイヤモンド」といわれ、スペースシャトルの断熱材、人工股関節など工業から医療まで様々な用途に用いられています。その理由は、高い強度、優れた耐久性・耐腐食性、生体親和性、安全性が証明されているからです。

特徴3:近年注目の 「プラットフォームスイッチング」
ザイブインプラントの特徴の一つであるプラットフォームスイッチングは、近年とても注目されているコンセプトです。臨床的に必ず見られるインプラント周囲の骨吸収を抑制してくれるので、インプラントに装着した人工歯の周りの歯ぐきは、天然の歯の歯ぐきと同じようにきれいに仕上がります。

特徴4:歯根の形状をした「ルートフォーム」
ザイブインプラントは、現在主流のインプラントのほどんどが取り入れている歯根の形態に似せたルートフォームをしています。このテーパー(傾斜している円錐状の部分形態)が、インプラント埋入時に顎の骨にがっちり食い込む(初期固定が強固な)ため、歯抜と同時にインプラントを埋入する抜歯即時埋入や、骨質の悪い上顎のインプラント手術でも対応可能です。

特徴5:歯を抜いた日にインプラントが入る「即時加重インプラント」
ザイブインプラントは、歯抜と同時にインプラントを埋入して、その日に人工歯を被せる即時加重インプラントをコンセプトとして開発されたインプラントです。そのため、埋入後どのような骨質においても強固な初期固定を得ることができます。

特徴6:顎の幅に合わせた豊富なインプラント径サイズ「ナローインプラント」
ザイブインプラントには豊富な幅系のインプラントが揃っているので、顎の幅や咬み合わせの状態に最適なサイズが選択できます。特に、従来のインプラントよりも細い3mm径もあるので、下顎の前歯部や上顎の側切歯部など、顎の骨幅が狭い部位にもインプラントの埋入が可能です。

特徴7:顎の骨が吸収れていても使用可能な「ショートインプラント
ザイブインプラントには、長さ8mmのショートインプラントがあり、骨のない部位に対するインプラントでも、骨造成などの手術なしにインプラント治療をすることが可能です。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス