顎の骨が足りない場合もインプラントを可能にする【増骨手術】

増骨手術歯周病やむし歯の悪化により、一度歯を抜いてしまいますと、顎の骨への刺激が少なくなることや、入れ歯による圧迫などの影響で、顎の骨が薄くなってしまう傾向があります。そういうケースでは、「増骨手術」を行うことによってインプラント可能な状況を作ります。

骨を増やす手術の種類
●GBR法
GBR(骨再生誘導法)は、歯槽骨の骨幅が不足している部分に骨補填材を置き、メンブレンという生体素材でできた人工の膜で覆うことで骨を作るスペースを確保して、骨の再生を促進する治療法です。

●ソケットリフト
ソケットリフトでは、特殊な器具を使って上顎洞底部を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を入れて骨の高さを確保します。ソケットリフトには、インプラントを埋入する部分から骨補填するので、傷口が小さくて済むというメリットがあります。

●サイナスリフト
サイナスリフトでは、まず、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を上顎洞の底部から剥がして持ち上げます。そこにできた隙間に、自家骨や骨補填剤を移植することによって上顎洞の底部の位置を上げ、インプラントを埋入できるだけの骨の厚みを確保します。

●スプリットクレスト
スプリットクレストでは、まず、幅が狭くなってしまった骨に切り込みを入れて、細くて深い溝を掘ります。特殊な器具を用いて、その溝に楔(くさび)を打ち込むようにして骨を広げなからインプラントを移植し、隙間に骨補填材を使用して、周りを吸収性メンブレンで覆います。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス