インプラントのメンテナンス

インプラントのメンテナンスここ数年でインプラント治療は普及しましたが、それに伴いインプラント治療後のトラブルも増加傾向にあります。その原因の一つがインプラント周囲炎です。インプラント周囲炎とは、インプラント治療後に生じる歯周病に似た病気です。治療しないで放置していると、歯周病のケースと同様に、インプラントを支える骨が溶けていき、やがてはインプラント自体が抜け落ちてしまいます。

また、歯周病と同じようにインプラント周辺の骨が溶けていきますが、歯周病以上に自覚症状が少ないのも特徴です。これは、インプラントと天然歯とでは「骨に対する結合」に違いがあることに起因しています。

歯と歯を支えている歯槽骨は、直接結合しているわけではなく、歯根膜と呼ばれる線維によってつなぎとめられています。この歯根膜は、歯周病の原因となる細菌の侵入を防ぐ役割を果たしています。それに対して、インプラントと歯槽骨は直接結合しており、歯根膜が存在しません。細菌の侵入を防ぐバリアとしての歯根膜が存在しないため、病気の進行が速くなってしまうことがあるのです。したがって、治療後はインプラント周囲炎にならないための定期的なメンテナンスクリーニングを受けることが、とても重要になります。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス