入れ歯についての考え

入れ歯

インプラント治療の技術進展は目覚ましく、歯を失った場合の第一選択肢として認知されるようになりました。しかし、骨の条件や全身疾患などが理由で、インプラント治療ができない方もたくさんいらっしゃいます。

当院では、患者さんが入れ歯で悩むことのないように、お口の状態をきちんと診断した上で、どのような入れ歯がお口に合うか提案いたします。入れ歯にもインプラントにもそれぞれ利点と欠点があります。大切なのは、自分の価値観にあった最適な治療方法を選択することです。

入れ歯の利点
1.外科処置を必要としない
インプラントのように外科処置を必要としないのは大きなメリットといえます。特に高齢の方は、全身疾患を抱えているために外科処置ができない場合がよくあります。

2.比較的に費用が安価である
入れ歯は、保険外診療でもインプラントに比べると安価です。現在のインプラント1本あたりの費用は平均40万円前後ですから、複数本の治療となると経済的な負担が大きくなります。

3.歯を削る量が少ない
入れ歯の場合はブリッジと異なり、自分の歯を削ることはほとんどありません。自分の歯を削らないということは、歯の寿命を伸ばすことにつながります。

入れ歯の欠点
1.慣れるまでに時間がかかる
入れ歯は、慣れるまでにそれなりの時間を要します。また使用中の入れ歯を修理したり、新しい入れ歯を製作する場合も同様です。

2.見た目の問題
部分入れ歯の場合、金属のバネを自分の歯にかける必要があります。したがって、前歯などに装着する場合は、見た目が悪くなることがあります。

3.歯に負担がかかりやすい
入れ歯を装着するため、金属のバネをかけた歯には負担がかかります。その結果、経年によって歯を失うこともあります。もちろん、入れ歯の設計を見つめ直すことで、歯を失う危険性を減らすことは可能です。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス