入れ歯の種類

レジン床の入れ歯レジン床
歯肉に触れる部分がレジン(プラスティック樹脂)で作られた保険適用の入れ歯です。プラスティック樹脂は磨耗しますから、時間の経過とともに脆くなり割れやすくなります。また、噛む力をプラスティック樹脂で支えるためには、入れ歯を大きくそして厚く設計する必要があります。

平均して、金属床入れ歯の3倍程度(1.5~3.0mm以上)の厚みになり、厚みが大きいほど舌の稼動領域が狭くなるため、違和感を覚えやすくなります。またプラスチックは、熱を伝えにくい材質なので、食べ物の温度を感じづらく、結果として味覚が落ちることがあります。

※食事時に感じる味覚として、甘い・辛い・酸っぱい・しょっぱい・苦いなどがありますが、熱い・冷たいなどの温度感覚も、味覚を大きく左右します。

金属床の入れ歯金属床
歯肉に触れる部分が金属素材で作られた保険適用外の入れ歯です。金属床は強度が高いので、レジン床の入れ歯よりも小さく、そして薄く設計することができます。その結果、話しやすさや違和感の減少につながります。

レジン床の入れ歯は、噛む力が大きく加わると、たわんで変形を起こします。変形が大きければ大きいほど、入れ歯を支えているお口の中には予測できない力が生じ、粘膜の炎症や支えている歯へダメージを与えることになります。その点、金属床には「たわまない」「ねじれない」というメリットがあり、残された自分の歯や歯周組織に負担をかけません。

さらには、金属床は熱伝導性が高いので、食べ物の熱や冷たさを感じることができ、食事を美味しく楽しむことができます。特に部分入れ歯には金属床が有効です。金属床では金属のバネと床を一体に製作しますので寸法に狂いがなく、安定性があり、強固な金属の土台がしっかりと噛む力を受け止めます。

金属床の入れ歯として、当院では「コバルト床」と「チタン床」をご用意しています。

●コバルト床
金属床で最も多く使われているのがコバルト床です。非常に薄い仕上がりで熱伝導率が高く、食べ物の熱さや冷たさを損ないません。耐久性にも優れ、安定した状態で長期間使用することができます。チタン床に比べると若干厚くなりますが、自然に近い装着感や快適感が得られます。

●チタン床
床の部分にチタンを使った金属床です。インプラントにも使われているチタンは軽くて顎に馴染みやすく、装着したときの違和感がほとんどありません。また、生体親和性の高いチタンはアレルギー反応を引き起こす可能性が低く、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

インプラント義歯(ミニインプラント)インプラント義歯
これは下顎専用のインプラントで、総入れ歯の安定用に使われるものです。通常のインプラントよりもずっと小さいミニインプラント(直径1.8mmのチタン製のネジ)を4本、下顎の骨に埋め込み、その上に入れ歯を装着して固定させます。

少量の麻酔をして、直径1.8ミリの細いチタン製ネジを歯ぐきの上から埋め込みます。 麻酔をしますので痛みはありません。 そして、入れ歯の裏側に特殊な金具を付けて、ちょうどホックで留めるように入れ歯とネジは「カチッ!」と咬み合い、着脱も簡単に行えます。

インプラントと総入れ歯の中間に位置するもので、通常のインプラントほどではありませんが、総入れ歯をそのまま使うよりも安定が得られるため、はるかに快適な食事が可能です。また、費用がインプラント治療よりも安価なうえ、メスで歯ぐきを切開しない比較的簡単な手術で済むため出血もほとんどなく、施術を受けたその日から食事ができます。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス