むし歯になるメカニズム

むし歯になるメカニズムお口の中には多くの細菌が存在しています。その中のミュータンス菌をはじめとしたむし歯菌が、食べカスの中に含まれている糖分を糧に増殖を繰り返し、プラークを形成していきます。そして、プラークが形成された状況で再び飲食を行うと、むし歯菌が糖分から酸を作り、プラークを酸性にしていきます。この酸性のプラークにより歯が溶かされていき、むし歯になってしまうのです。

むし歯になりにくくするには、以下の3点を上手くコントロールしていく必要があります。
1.歯の質
2.お口の中の糖分
3.むし歯菌

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス