年代別むし歯予防のポイント

0歳からのむし歯予防 年代別むし歯予防のポイント
むし歯予防は0歳から始まります。とはいっても、産まれてすぐの赤ちゃんにはむし歯菌はいません。それなのに赤ちゃんがむし歯になるのは、赤ちゃんへの口移しやキスなどによって、接した人のむし歯菌が移ってしまうからです。つまり、お子さんの歯の健康を考えるのであれば、家族全員で歯の健康を考える必要があるのです。

ここ数年歯医者に行っていない、定期的な予防歯科を受診していないという方は、なるべく早く歯科医院で検診を受けてください。乳児から幼児の間にむし歯菌を増やさず、歯磨きもしっかりできるようになっていれば、むし歯になりにくい健康な状態で成長していけるはずです。

1歳半頃から3歳くらいまでのむし歯予防年代別むし歯予防のポイント
生後6ヶ月頃には下の前歯から乳歯が生え始め、1歳半頃になると上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。この時期、子どもをおとなしくさせるためや寝かしつけるために、哺乳瓶を与えがちになります。哺乳瓶にミルクや甘い飲料類を入れて、長時間遊ばせたり寝かせたりすると、前歯がむし歯になりやすいので注意が必要です。

<食生活における注意ポイント>
1歳を過ぎた頃には哺乳瓶からの卒業を試みて、寝かしつけのためにミルクや果汁、スポーツ飲料を利用するのは控えましょう。常に甘いものを口にすることを習慣づけないことが大切です。

<歯磨きにおける注意ポイント>
・子どもの頭をひざの上にのせて、寝かせ磨きをしましょう
・歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目を丁寧に磨きましょう
・歯ブラシは、なるべく毛の短い、小さめのものを使いましょう

3歳頃からのむし歯予防年代別むし歯予防のポイント
3歳くらいになると、すべての乳歯が生え揃います。様々な物を食べることができるようになるため、甘いものに触れる機会が多くなり、乳歯のむし歯が増加し始める時期です。

<食生活における注意ポイント>
・おやつは、決められた時間に決められた量だけ食べるようにしましょう 
・食事のときは、しっかりと噛んで食べるようにしましょう

<歯磨きにおける注意ポイント>
・歯ブラシを持つ習慣を身につけましょう
・寝る前には、必ず一日の汚れを綺麗におとしましょう
・ご家族の方が、必ず仕上げ磨きをしてあげましょう
・定期的に検診を受けて、歯をチェックしましょう

6歳頃からのむし歯予防年代別むし歯予防のポイント
6歳頃になると下の前歯が生えかわり、新しい永久歯が生えてきます。それに前後して、歯の中で一番大きな永久歯=6歳臼歯(第一大臼歯)が生えてきます。永久歯が生え揃った成人では、この6歳臼歯が、ものを噛むときの中心的な役割を担います。大きさも、ものを噛む力も最大の歯なので、生涯を通じて一番大切な歯であるともいえます。

しかし、6歳臼歯はむし歯になりやすい歯でもあります。乳歯の奥歯のさらに奥側に位置するため、生えてきたことに気づくのが遅れ、歯磨きがおろそかになってしまうからです。生えたての歯は、歯質が未熟なためむし歯になりやすい上に、他の歯と比べて噛む面の溝が深く、食べカスがたまりやすい形状をしています。それだけに、十分な注意とケアが必要です。

<食生活における注意ポイント>
・おやつは、決められた時間に決められた量だけ食べるようにしましょう 
・食事のときは、しっかりと噛んで食べるようにしましょう

<歯磨きにおける注意ポイント>
生えたばかりの6歳臼歯は、乳歯より一段低い位置にあるので、歯ブラシを口の真横から入れて、歯の溝の中の食べカスや歯の周囲を念入りに磨いてあげます。歯科医院での定期検診を続け、必要があればフッ素を塗ってもらい、歯を強くしましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス