小児歯科治療についての考え

小児歯科治療についての考え歯科治療は成人の方でも嫌なものです。特に小さなお子さんの場合は「歯医者さん=怖い」というイメージを持っていることが多いようです。そのため、「歯医者さん=怖くない」というイメージを持ってもらえるように、しっかりと「聞く」「話す」のコミュニケーションを行い、お子さんの不安や恐怖感を少しでも取り除けるよう心がけています。

また、当院では基本的にお子さんに対する歯科治療への協力を得るため、緊急の場合(歯がすごく痛い、ころんで歯をぶつけたなど)を除き、押さえつけての治療は行いません。なぜなら、押さえつけられての治療経験は、その子のトラウマとなって一生残ってしまうからです。

強いトラウマを持ったお子さんは、成長してもなかなか治療を受けられないことが多く、治療の時期が遅れがちです。そのため、やっとの思いで来院したときには、お口の中がむし歯だらけになっていることも珍しくありません。ましてやむし歯でもないのに定期的に検診に行こうとは、到底考えてもらえなくなってしまうのです。

私たちは、お子さん自身の心の成長として、自らの意志で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育むことが大切だと考えています。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス