小児からはじめる歯列育形成

小児矯正

一般的な歯に着ける矯正装置は、不正な咬み合わせや悪くなってしまった歯並びを改善するという発想から始まっています。ですから開始年齢は高めです。歯列育形成はこれと異なり、低年齢の頃から始めます。

歯列育形成の目的は、乳歯列の形を整え、咬み合わせを正しくして、顎の形が正しく発育するように誘導するというのが基本的な考えです。わかりやすくいえば、歯列育形成は、正しく歯が並ぶように顎の成長を促進する治療法ということができます。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス