歯列育形成で使用する装置

歯列育形成で使用する装置歯列育形成で使用する装置は、一般的な矯正装置のようにワイヤーで歯を動かすのではなく、顎の成長を促すためのプレート(床)と呼ばれる装置をお口の中に装着します。入れ歯に似た形をしていて、装置の真ん中のネジを回すことで顎を拡げていきます。痛みがないように少しずつ拡げて、歯を動かしていきますのでご安心ください。

歯列育形成を始めるには、理論的には年齢が低ければ低いほど、効果があるといえます。なぜなら、年齢が低いほど骨の発育に変化を与えやすいためです。しかし実際は、5歳頃に始める方が多いといえます。そうすれば、顔の下半分をより美しく発育させることができます。遅い場合には、永久歯が生え始めの頃から行うこともあります。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス