当院の審美歯科メニュー【セラミックの種類】

オールセラミックオールセラミック
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用した人工歯です。内部に金属を一切使用していないため自然な色合いが再現でき、また審美性にも優れていることから、主に前歯の治療に適しています。

金属の被せ物や変色した被せ物を白くしたい場合や、古い差し歯を取り替える場合、さらには、奥歯に使用された金属の詰め物を目立たなくしたい場合などにも使用します。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や咬み合わせが不自然な方は注意が必要です。

<オールセラミックのメリット>
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・金属を使用しないため、アレルギーが起きない
・ジルコニアセラミッククラウンに比べると安価

<オールセラミックのデメリット>
・強い衝撃で割れることがある
・ブリッジには適応できない

オールセラミックインレーオールセラミック
むし歯を削りとった後に、セラミックを詰める方法です。奥歯の詰め物には金属をよく使用しますが、口を大きく開けた時に気になることがあります。そこで、この詰め物を歯と同じ色に合わせて、目立たないようにするのがセラミックインレーです。

<オールセラミックインレーのメリット>
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・金属素材と比べて歯を削る量を少なくして詰め物が出来る
・金属を使用しないため、アレルギーが起きない

<オールセラミックインレーのデメリット>
・強い衝撃で割れることがある

ジルコニアセラミックジルコニアセラミック
人工ダイアモンド素材(ジルコニア)の上にセラミックを焼き付けた人工歯です。ジルコニアの上にセラミックを焼き付けたクラウンです。オールセラミックでは、連結したブリッジなどに強度の点で不安があります。そういった場合にジルコニアセラミックを選択すると、強度を上げると同時に、天然歯と同等の透明感を出すことが可能です。

<ジルコニアセラミックのメリット>
・自分の歯の色に左右されないマスキング効果がある
・症例によってはオールセラミックよりも美しく仕上げることが可能
・ブリッジを口の中にいれても、重量感を感じることなく快適。(金の1/3の重さ)

< ジルコニアセラミックのデメリット>
・天然の歯より硬いため、周囲の歯や咬み合う歯を痛めることがある
・オールセラミックよりも高価

ラミネートベニアラミネートベニアセラミック
歯の表面を薄く削って、セラミックシェルを歯の表面に貼り付ける術式です。歯を白くするだけでなく、セラミックシェルの形や大きさを調整することで、歯のすき間や形を改善できます。また、歯の表面のエナメル質をごく薄く削るだけなので、歯へのダメージを最小限に抑えることができます。

<ラミネートベニアのメリット>
・歯の色だけでなく、形(すきっぱなど)も短期間で修正可能
・ホワイトニングの白さより、もっと白くできる(歯の色が元に戻ることはない)
・生まれつき色が濃い歯でも、短期間で白い歯になる

<ラミネートベニアのメリット>
・多少だが、自分の歯を削らなくてはならない
・ホワイトニングよりも高額である
・セラミックなので、稀に欠けたり、割れたりすることがある

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス