歯周病とは

歯周病

歯周病は、歯が病気になるのではなく、歯を支える組織(歯周組織)に起こる病気です。歯と歯肉の間から入ったバイ菌が歯肉に炎症を引き起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨まで溶かして、最終的には歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

また、歯周病は「沈黙の病」ともいわれ、初期は痛みや自覚症状がほとんどないため、知らず知らずのうちに進行してしまうやっかいな病気でもあります。そのため、日本人では30歳以上で約80%、40~50歳代ではほぼ90%の方がかかっているといわれていて、成人が歯を失う原因の第一位は、この歯周病なのです。

さらには、末期まで進行してしまうと、歯を失ってしまうだけでなく、全身に悪影響を引き起こす原因にもなります。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス