歯周病の原因は磨き残された汚れ(細菌の温床)

歯周病治療口の中の汚れ(プラーク)は、時間経過とともに石灰化して歯石になります。これが歯と歯肉の間に溜まると、歯周ポケットと呼ばれる溝ができます。この歯周ポケットの中は細菌の温床で、繁殖が始まると炎症がおきて歯肉の腫れや出血が始まります。

さらに、炎症が歯周ポケットの深くにまで達すると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨を溶かしていき、やがては歯を支えきれなくなり、歯がぐらつき始めます。そして、そのまま放置していると、やがては歯が抜け落ちてしまうことになりかねないのです。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス