歯周病の進行

健康な状態歯周病の進行
健康な状態は歯肉が淡いピンク色で引き締まっています。歯槽骨が正常で、歯周ポケットもありません。

歯肉炎歯周病の進行
歯と歯肉の溝にプラークがたまると、歯肉に炎症が起きます。そして、歯周ポケットが形成されます。時折、歯磨きで出血することがあります。

軽度歯周炎歯周病の進行
歯肉の赤みが増し、炎症が進行しています。歯磨きでは出血を伴います。この時期から歯槽骨が溶け始めます。歯周ポケットは3mmから4mm程度まで広がりますが、自覚症状はほとんどありません。

中等度歯周炎歯周病の進行
歯肉の炎症がさらに進行すると赤く腫れ上がった状態になります。歯を支える歯槽骨が溶けて減少しています。歯周ポケットが5mmから6mmに広がり、歯が浮いたような感覚が起こります。硬いものが噛みにくくなってくるのがこの頃です。

重度歯周炎歯周病の進行
歯肉の炎症が悪化し、ブヨブヨとした状態になっています。歯を支える骨が極端に少なくなり、歯がグラグラすることが多くなります。歯周ポケットは7mm以上で、口臭も強くなってきます。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス