むし歯の治療

●歯を削らないむし歯治療(進行状態:CO)むし歯の治療
ごく初期のむし歯であれば、再石灰化を促進させることで、歯を削らずに健康な状態へと回復させることができます。それは、唾液に含まれているカルシウムが、むし歯菌で溶かされた歯質を回復させてくれることによる効果です。

ただし、むし歯を健康なもとの状態に戻すためには、それ相応の対策が必要です。有効な対策としては、歯の再石灰化が促されるように普段の食生活に注意すること(間食を避けるなど)、正しい歯磨きを行うこと、さらには歯科医院による予防処置を定期的に行うことなどが挙げられます。

●歯を削って修復する充填治療(進行状態:C1)むし歯の治療
むし歯を削って、削った箇所をプラスティック樹脂に置き換えて修復する治療を「充填治療」といいます。充填治療の利点は、歯の色に近いものを選択できるので、治療跡があまり目立たないということです。ただし、耐久性は低いので、経年によって変色や磨耗を起こします。

最近では、変色しにくく磨耗性の低い素材(プラスティック樹脂にセラミックを配合したもの)が開発されていますが、こちらを使用した場合には保険適応外となります。

●歯を削って詰めるインレー治療(進行状態:C2)むし歯の治療
インレー治療は、むし歯を削り取った後に型採りを行い、その型から製作した詰め物に置き換えて修復する治療法です。上記の充填治療よりも強度が高く、摩耗、破折が少なくなるメリットがあります。

インレーに使用する素材は主に、金属とセラミックの2種類に分けられます。セラミックは、天然の歯と同様な色調を再現でき、磨耗度も天然歯と変わらないという利点がありますが、保険適応外となります。

●歯を削って被せるクラウン治療(進行状態:C3)むし歯の治療
クラウンと呼ばれる被せ物で、むし歯を削った歯をすっぽり被うようにして歯を修復する治療法を「クラウン治療」といいます。

神経の近くまでむし歯が及んでいる場合には、被せ物をする前に、神経を保護する薬剤を置き、神経を残せるかどうかの判断を行います。すでに神経にまで到達している場合は、神経の処置を行い、その後土台を作成してから被せ物を装着します。


クラウンは、主に金属とセラミックの2種類に分けられます。セラミックは、天然の歯と同様な色調を再現でき、磨耗度も天然歯と変わらないという利点がありますが、保険適応外となります。

●歯の神経を処置する根管治療(進行状態:C3)むし歯の治療
神経にまで進行しているむし歯の場合は、まず神経を除去する治療を行わなければなりません。神経を除去すると、痛みは治まりますが、歯に栄養を送る役割を失ってしまうので、処置した歯は枯れ木のように脆くなるという欠点があります。

また、神経を取ったあとの根管は、何度も洗浄しなければなりません。途中で治療を放置すると、歯の根が腐ってしまったり、歯を支える骨が感染してしまったりして、抜歯に至る恐れが生じます。他の治療方法よりは治療期間がかかりますが、頑張って根気よく治療を続ける努力が必要です。

◆残根の治療方法(進行状態:C4)むし歯の治療
むし歯が進行していくと、歯根だけ残る「残根状態」になります。この場合、可能な限り根の治療から始めます。さらに、歯を残すためには、歯ぐきの状態も整える必要があります。

通常この治療は難易度が高く、治療期間が長くなってしまいます。また、残根の状態が悪いと抜歯になってしまう場合も珍しくないので、その場合には、ブリッジや入れ歯、インプラントといった選択肢から治療方法を選んでいきます。

当院では、患者さんにそれぞれの治療法のメリットとデメリットをよくご理解いただいた上で、皆さんのご要望に最も適した治療法を選択していけるよう全力でサポートいたします。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス