根管治療とは

根管治療根管治療とは、死んでしまった歯の神経を取り除いた後、歯の根をキレイに洗浄・殺菌し、歯を再び生かすための治療です。神経にまで及んでしまったむし歯を放置しておくと、最終的には抜歯になってしまいますが、こうした状況を阻止し、歯を残すことができるのが根管治療なのです。

具体的な治療方法としては、専用の器具を使って、歯の神経が入っていた部分(根管)をきれいに洗浄。薬を詰めた後、インレーなどによって封鎖します。この際、むし歯を完全に取りきらないと再発してしまうので、根管治療には綿密な歯科技術が必要とされます。

根管治療の流れ
患者さんの歯の状態によって治療の手順や通院期間は異なりますが、大きな流れとしては以下となります。もちろん治療前にはしっかり麻酔を効かせたうえで処理を行いますので、痛みはほとんどありません。

【1】むし歯になった部分を器具を使って除去する。
次へ
【2】治療しやすいよう、神経のスペースに穴をあける。
次へ
【3】リーマーという器具を使い、歯の根の感染した部分を除去し、きれいに洗浄する。
次へ
【4】炎症が起きている根管の先まで薬を詰めて、バイ菌が入ってこないように根管を封鎖する。
次へ
【5】根管治療後の歯は、症例により詰め物・被せ物を取り付ける。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス