小児歯科の役割とは

小児歯科

お子さんの健康な歯を生涯維持するためには、子どもの頃からの予防が大切になってきます。幼い頃から健康な歯を育むことを意識することが、将来のむし歯や歯周病、さらに歯を失うリスクを減らします。歯の健康は、身体や脳の発育、また精神面にも影響を与えます。歯並びの悪さがコンプレックスになり、人としゃべることが苦手になってしまう方も少なくありません。

小児歯科には、子どもの歯を健康な良い状態導く役割があります。当院では、以下の3つの点を重視して診療を行うことによって、「わが子にはいつまでも素敵な笑顔でいてほしい」と願う、すべてのお母さんとお父さんとともに考え、これを実現するお手伝いをしたいと考えています。

<小児歯科の診療方針>
1.お子さんの歯の状態に合ったむし歯予防プログラムを提供します。
2.万が一むし歯になってしまった場合も、できるだけ削らない治療を行います。
3.咬み合わせや歯並びの治療も行い、むし歯になりにくい状態を目指します。

むし歯になるメカニズム

むし歯になるメカニズムお口の中には多くの細菌が存在しています。その中のミュータンス菌をはじめとしたむし歯菌が、食べカスの中に含まれている糖分を糧に増殖を繰り返し、プラークを形成していきます。そして、プラークが形成された状況で再び飲食を行うと、むし歯菌が糖分から酸を作り、プラークを酸性にしていきます。この酸性のプラークにより歯が溶かされていき、むし歯になってしまうのです。

むし歯になりにくくするには、以下の3点を上手くコントロールしていく必要があります。
1.歯の質
2.お口の中の糖分
3.むし歯菌

年代別むし歯予防のポイント

0歳からのむし歯予防 年代別むし歯予防のポイント
むし歯予防は0歳から始まります。とはいっても、産まれてすぐの赤ちゃんにはむし歯菌はいません。それなのに赤ちゃんがむし歯になるのは、赤ちゃんへの口移しやキスなどによって、接した人のむし歯菌が移ってしまうからです。つまり、お子さんの歯の健康を考えるのであれば、家族全員で歯の健康を考える必要があるのです。

ここ数年歯医者に行っていない、定期的な予防歯科を受診していないという方は、なるべく早く歯科医院で検診を受けてください。乳児から幼児の間にむし歯菌を増やさず、歯磨きもしっかりできるようになっていれば、むし歯になりにくい健康な状態で成長していけるはずです。

1歳半頃から3歳くらいまでのむし歯予防年代別むし歯予防のポイント
生後6ヶ月頃には下の前歯から乳歯が生え始め、1歳半頃になると上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。この時期、子どもをおとなしくさせるためや寝かしつけるために、哺乳瓶を与えがちになります。哺乳瓶にミルクや甘い飲料類を入れて、長時間遊ばせたり寝かせたりすると、前歯がむし歯になりやすいので注意が必要です。

<食生活における注意ポイント>
1歳を過ぎた頃には哺乳瓶からの卒業を試みて、寝かしつけのためにミルクや果汁、スポーツ飲料を利用するのは控えましょう。常に甘いものを口にすることを習慣づけないことが大切です。

<歯磨きにおける注意ポイント>
・子どもの頭をひざの上にのせて、寝かせ磨きをしましょう
・歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目を丁寧に磨きましょう
・歯ブラシは、なるべく毛の短い、小さめのものを使いましょう

3歳頃からのむし歯予防年代別むし歯予防のポイント
3歳くらいになると、すべての乳歯が生え揃います。様々な物を食べることができるようになるため、甘いものに触れる機会が多くなり、乳歯のむし歯が増加し始める時期です。

<食生活における注意ポイント>
・おやつは、決められた時間に決められた量だけ食べるようにしましょう 
・食事のときは、しっかりと噛んで食べるようにしましょう

<歯磨きにおける注意ポイント>
・歯ブラシを持つ習慣を身につけましょう
・寝る前には、必ず一日の汚れを綺麗におとしましょう
・ご家族の方が、必ず仕上げ磨きをしてあげましょう
・定期的に検診を受けて、歯をチェックしましょう

6歳頃からのむし歯予防年代別むし歯予防のポイント
6歳頃になると下の前歯が生えかわり、新しい永久歯が生えてきます。それに前後して、歯の中で一番大きな永久歯=6歳臼歯(第一大臼歯)が生えてきます。永久歯が生え揃った成人では、この6歳臼歯が、ものを噛むときの中心的な役割を担います。大きさも、ものを噛む力も最大の歯なので、生涯を通じて一番大切な歯であるともいえます。

しかし、6歳臼歯はむし歯になりやすい歯でもあります。乳歯の奥歯のさらに奥側に位置するため、生えてきたことに気づくのが遅れ、歯磨きがおろそかになってしまうからです。生えたての歯は、歯質が未熟なためむし歯になりやすい上に、他の歯と比べて噛む面の溝が深く、食べカスがたまりやすい形状をしています。それだけに、十分な注意とケアが必要です。

<食生活における注意ポイント>
・おやつは、決められた時間に決められた量だけ食べるようにしましょう 
・食事のときは、しっかりと噛んで食べるようにしましょう

<歯磨きにおける注意ポイント>
生えたばかりの6歳臼歯は、乳歯より一段低い位置にあるので、歯ブラシを口の真横から入れて、歯の溝の中の食べカスや歯の周囲を念入りに磨いてあげます。歯科医院での定期検診を続け、必要があればフッ素を塗ってもらい、歯を強くしましょう。

小児歯科治療についての考え

小児歯科治療についての考え歯科治療は成人の方でも嫌なものです。特に小さなお子さんの場合は「歯医者さん=怖い」というイメージを持っていることが多いようです。そのため、「歯医者さん=怖くない」というイメージを持ってもらえるように、しっかりと「聞く」「話す」のコミュニケーションを行い、お子さんの不安や恐怖感を少しでも取り除けるよう心がけています。

また、当院では基本的にお子さんに対する歯科治療への協力を得るため、緊急の場合(歯がすごく痛い、ころんで歯をぶつけたなど)を除き、押さえつけての治療は行いません。なぜなら、押さえつけられての治療経験は、その子のトラウマとなって一生残ってしまうからです。

強いトラウマを持ったお子さんは、成長してもなかなか治療を受けられないことが多く、治療の時期が遅れがちです。そのため、やっとの思いで来院したときには、お口の中がむし歯だらけになっていることも珍しくありません。ましてやむし歯でもないのに定期的に検診に行こうとは、到底考えてもらえなくなってしまうのです。

私たちは、お子さん自身の心の成長として、自らの意志で口を開け、治療を乗り越えていこうという気持ちを育むことが大切だと考えています。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス