ホワイトニングとは

ホワイトニング

特殊な薬剤を用いて歯を白くする治療法がホワイトニングです。コーヒー・お茶・赤ワインなどの飲食でついた歯の汚れや、タバコでついたヤニ、加齢によって黄色く変色した歯などを、歯を削ることなく白く輝く歯にすることができます。

ホワイトニング歯の表面に薬剤(過酸化尿素または過酸化水素)をおくと、成分から発生する活性酸素によって歯に着色している汚れが分解され、歯の色が白くなります。ただし、ホワイトニングで得られる歯の白さは、その方の歯のもともとの色合いが基準になりますので、白さのコントロールは難しいというのが実情です。また、実施時間、薬剤の濃度、術式によっても白さにばらつきがでます。

そして、ホワイトニングはある程度の後戻りをしますので、白さをキープするには、ホワイトニングを定期的に行うことが必要です。

<ホワイトニングのメリット>
・歯を傷つけることなく白くできる
・自分で色の調節ができる
・他の治療と比べて費用が安い

<ホワイトニングのデメリット>
・人によって効果にばらつきがある
・色が戻ってしまうので、継続が必要

ホワイトニングの種類

ホワイトニングには大きく分けて2つの種類あります。ひとつは診療室でおこなう【オフィスホワイトニング】という方法で、もうひとつは自宅でおこなう【ホームホワイトニング】です。

【当院のお勧めメニュー】ホームホワイトニングホームホワイトニング
「ホームホワイトニング」とは、患者さんお一人おひとりの歯型に合わせたトレー(マウスピース)を製作し、家庭で薬剤を塗布して行う方法です。低濃度の薬剤を2~3週間かけて使用するので、薬剤が深く浸透し、オフィスホワイトニングよりも白さが持続します。

刺激の少ない薬剤を使用するため安全面も高く、ご自宅で都合の良い時間に行うことができることから、なかなか歯科医院に通えないお忙しい方にお勧めです。また、色の後戻りも少なく、白さが長続きします。

<ホームホワイトニングのメリット>
・薬剤の刺激が少ない
・通院の回数が少なくてすむ
・高額な機器を必要としないため、比較的安価でできる
・白くなりにくい歯でも、長く使用することで白くできる可能性がある
・後戻りが少ない

<ホームホワイトニングのデメリット>
・効果発現が遅い
・象牙質やエナメル質が厚い歯では効果が得られるまで期間がかかる

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニング
「オフィスホワイトニング」とは、歯科院内で歯の表面に薬剤を塗り、レーザーや光を当てることによって歯を白くする方法です。ホームホワイトニングで使う薬剤より高濃度のものを使用するため短時間で効果が得られますが、その分後戻りも早いといわれています。

<オフィスホワイトニングのメリット>
・歯の清掃をきちんと行った状態で行うことができる
・1回~数回の来院で白くすることができる
・歯の白くする度合いをコントロールすることができる

<オフィスホワイトニングのデメリット>
・後戻り(リバウンド)が早い

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス