審美歯科とは

審美歯科とは

むし歯や歯周病といった病気の治癒を目的とした歯科治療ではなく、歯本来の機能に見た目の美しさをプラスするのが審美歯科です。歯が持っている機能的な側面と審美的な側面、その両面に焦点をあて、患者さんに適した口元の健康美を求めていきます。

歯にコンプレックスがあって人と話すのが苦手になっていたり、「楽しいのに思い切り笑うことができない」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?歯のコンプレックスには、「歯並びが悪い」「歯の色が黄ばんでいて恥ずかしい」といったことも含まれますので、広い意味では、「歯科矯正」や「ホワイトニング」にも審美歯科の役割があります。

そのような中でも、特にここでは、「銀歯が目だって気になる」「欠けた前歯をキレイに修繕してほしい」といった悩みに対応するための、さまざまな審美歯科メニューについてご紹介します。自然に見える素材によって相手に与える印象を変えたり、詰め物を相手から見えなくしたりすることで、普段の生活が楽しく充実したものになる。それが、審美歯科が「歯の美容整形」ともいわれるゆえんでしょう。

機能面も重視した審美治療を行っています

機能面も重視した審美治療ただし、どんなに美しい人工物であっても、機能面において最も優れているのは天然の自歯です。そのため当院では、審美歯科においても、できる限り自分の歯を残すことを念頭におき、機能面も重視した審美治療に取り組んでいます。

見た目の美しさだけでなく、口腔内で十分に機能すること、よく噛めることも大切なポイントです。反面、周囲組織(歯肉やリップライン)との調和や見た目の美しさも軽視できませんので、白さだけでもなく機能性だけでもない「全体のトータルバランス」を考えた、患者さんに最適な治療をご提案しています。

セラミック治療

セラミック治療審美歯科の中で主流なのがセラミック治療です。セラミックはついにオールセラミックの時代になりました。今までは、金属の土台にセラミックを焼き付けるメタルボンドといわれるものが主流でしたが、金属は光を遮断するために、天然の歯と同じような色調を表現することができません。

セラミックやジルコニアで仕上げるオールセラミックは、光を透過させるので、透明感のある美しい仕上がりになります。また、ご自身の歯の色に合わせた自然な色合いから輝くような白色まで、色調をオーダーメイドで表現することが可能です。もちろん、プラスティック樹脂のような、経年劣化による変色や臭いの付着を引き起こしません。

以前は、むし歯の治療をされたあとの処置として、審美性の高いセラミックを選択される方が多くいらっしゃいましたが、最近では、過去に治療した銀歯をセラミックに取り替えることを希望される方も増えてきています。

当院の審美歯科メニュー【セラミックの種類】

オールセラミックオールセラミック
白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用した人工歯です。内部に金属を一切使用していないため自然な色合いが再現でき、また審美性にも優れていることから、主に前歯の治療に適しています。

金属の被せ物や変色した被せ物を白くしたい場合や、古い差し歯を取り替える場合、さらには、奥歯に使用された金属の詰め物を目立たなくしたい場合などにも使用します。ただし、強い力が加わると破損する恐れがあるため、歯ぎしりが強い方や咬み合わせが不自然な方は注意が必要です。

<オールセラミックのメリット>
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・金属を使用しないため、アレルギーが起きない
・ジルコニアセラミッククラウンに比べると安価

<オールセラミックのデメリット>
・強い衝撃で割れることがある
・ブリッジには適応できない

オールセラミックインレーオールセラミック
むし歯を削りとった後に、セラミックを詰める方法です。奥歯の詰め物には金属をよく使用しますが、口を大きく開けた時に気になることがあります。そこで、この詰め物を歯と同じ色に合わせて、目立たないようにするのがセラミックインレーです。

<オールセラミックインレーのメリット>
・短い治療期間で、白く美しい歯を手に入れられる
・金属素材と比べて歯を削る量を少なくして詰め物が出来る
・金属を使用しないため、アレルギーが起きない

<オールセラミックインレーのデメリット>
・強い衝撃で割れることがある

ジルコニアセラミックジルコニアセラミック
人工ダイアモンド素材(ジルコニア)の上にセラミックを焼き付けた人工歯です。ジルコニアの上にセラミックを焼き付けたクラウンです。オールセラミックでは、連結したブリッジなどに強度の点で不安があります。そういった場合にジルコニアセラミックを選択すると、強度を上げると同時に、天然歯と同等の透明感を出すことが可能です。

<ジルコニアセラミックのメリット>
・自分の歯の色に左右されないマスキング効果がある
・症例によってはオールセラミックよりも美しく仕上げることが可能
・ブリッジを口の中にいれても、重量感を感じることなく快適。(金の1/3の重さ)

< ジルコニアセラミックのデメリット>
・天然の歯より硬いため、周囲の歯や咬み合う歯を痛めることがある
・オールセラミックよりも高価

ラミネートベニアラミネートベニアセラミック
歯の表面を薄く削って、セラミックシェルを歯の表面に貼り付ける術式です。歯を白くするだけでなく、セラミックシェルの形や大きさを調整することで、歯のすき間や形を改善できます。また、歯の表面のエナメル質をごく薄く削るだけなので、歯へのダメージを最小限に抑えることができます。

<ラミネートベニアのメリット>
・歯の色だけでなく、形(すきっぱなど)も短期間で修正可能
・ホワイトニングの白さより、もっと白くできる(歯の色が元に戻ることはない)
・生まれつき色が濃い歯でも、短期間で白い歯になる

<ラミネートベニアのメリット>
・多少だが、自分の歯を削らなくてはならない
・ホワイトニングよりも高額である
・セラミックなので、稀に欠けたり、割れたりすることがある

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス