再治療の原因を除去するステージ

再治療の原因を除去再治療のサイクルを断ち切るために必要なことは、お口の中から「疾病が発症する原因を除去・抑制」することです。そこでまずは、口腔内の2大疾病であるむし歯と歯周病の原因にアプローチすることから始めます。

むし歯や歯周病は細菌による感染症であり、その原因はプラークです。プラークは単なる食べカスではなく、細菌の塊です。プラーク1gの中に1,000億もの細菌が存在していて、むし歯や歯周病の原因菌が多数観察されています。まずは、このプラークをコントロール(除去・抑制)することで、お口の中を治療や再治療のリスクが低い環境に整えていくことが可能になります。

プラークコントロールの方法
<プラークの除去>再治療の原因を除去
プラークは、食事をするたびに歯に付着しますので、毎日または毎食後に歯磨きをする必要があります。ただし、単に強く磨いたり、長い時間磨いたからといって、プラークを完全に除去することはできません。

「磨いている」と「磨けている」とは意味がまったく異なります。特に、丁寧に歯磨きしているにもかかわらず、むし歯や歯周病になってしまった方は、磨き方に問題がある可能性が高いので、正しい歯磨きの指導を受けることをお勧めします。

<歯石の除去>再治療の原因を除去
プラークの磨き残しをつくると、唾液中のカルシウムやリン酸と結合して石のように硬くなります。これを歯石と呼びます。

歯石の表面はザラザラとしていて、プラークがつきやすい状態です。歯石にプラークが付着すると再び結合して、歯石はさらに増大します。歯石は歯磨きでは取り除くことはできません。専用の器具や機会を使って除去することが必要です。

<金銀パラジウム合金の除去>再治療の原因を除去
銀歯は口腔内で電位を帯びるため、プラークを凝集しやすくなります。また、口腔内で長時間使用すると金属腐食を引き起こし、表面がざらざらと粗くなります。

この粗くなった面にはプラークが滞留しやすくなります。適切な歯磨きで常にプラークをしっかりと除去できればよいのですが、自信のない方はプラーク付着量の少ない素材に切り替えることが有効です。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス