治療の再発を防止するステージ

治療の再発を防止治療の再発を防止するために最も有効な方法は、歯が悪くなってから治療を受けるのではなく、歯が悪くなる前に予防処置を受けることです。予防処置とは、3ヶ月に1回程度、定期的に歯科医院でメンテナンスクリーニングを受けることでプラークを除去し、むし歯や歯周病になりにくい口腔環境をつくることです。

スウェーデンでは治療ではなく、このメンテナンスクリーニングに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上しました。日本でも、メンテナンスクリーニングをしっかり受けた方と受けなかった方とでは、80歳になったときの残存歯数に約9本もの差がついたというデータがあります。

「年を重ねるほど、歯が悪くなるのは必然」というわけではないのです。若い頃から歯科医院で定期的にメンテナンスクリーニングを受け、ご自身によるセルフケアもしっかりと行えば、多くの歯を残すことが可能となるのです。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス