患者さんの意識の改善も重要です

予防歯科の現状患者さんが歯科医院に足を運ぶ理由も、そのほとんどが「歯が痛くなった」「歯がぐらつく」「歯ぐきから血が出る」といった対処治療を求める通院であることが一般的です。この場合、歯を削ったり、歯石を除去したりという機能回復のための応急処置を施せば、症状はいったん改善するため、その時点で「問題が解決したので治療終了」と考えてしまっていたことが間違いだったのです。

歯の健康を真剣に考えるのなら、なぜ口腔内に疾病が発症したのか、その原因を突き止めてきちんと対策しなければ、むし歯や歯周病は必ずといっていいほど再発し、歯を失う典型的なパターンに陥ってしまうのです。

現在では、むし歯や歯周病の原因が解明されており、どのようにすればむし歯や歯周病を未然に防ぐことができるのかというリスクコントロールの方法が確立されています。

ですから、自らのリスクを探り、そのリスクの原因(生活習慣やブラッシング方法)をコントロールして、むし歯や歯周病が再発しないように改善することが本当の治療だと私たちは考えています。そうすれば、年齢を重ねても歯で苦労する心配はありません。予防こそが最良の治療といえるのです。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス