80歳までに、歯の本数が半分以下に減少

予防歯科の現状

成人の口腔内には28本の歯があり、食事を美味しく楽しむには、最低でも20本の歯が必要だといわれています。しかし、平均的な日本人の残存歯数は80歳で12.2本というデータがあるのです。

50歳頃から喪失歯が増え始め、60歳時点では4人に1人が部分入れ歯を装着。そして80歳以上の2人に1人は総入れ歯になっているような現状です。ですが、日本人が歯を失う最大の原因は加齢ではなく、実は「治療の繰り返し」なのです。

むし歯を削って白い樹脂を詰める治療をしたのに、いつの間にか樹脂の周りがむし歯になり、今度は銀の詰め物をする。その後さらに詰め物の中がむし歯に冒され、一回り大きな銀の詰め物にする。そんなふうに、治療後の「良い状態」を維持できず、次々と治療を繰り返して、結局大切な歯を失ってしまうのです。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス