現状を打破するために

現状を打破するために

当院では「機能回復の治療」を優先するよりも、「原因の除去」と「再発防止」に真剣に取り組むことこそ重要だと考えています。機能回復はもちろん大切な治療ですが、せっかく治療を施しても、歯が悪くなった原因が残ったままでは、間をおかずに再発してしまうことが必至です。また、そもそもの原因がなければ、歯が悪くなることはないのです。

再治療の原因を除去するステージ

再治療の原因を除去再治療のサイクルを断ち切るために必要なことは、お口の中から「疾病が発症する原因を除去・抑制」することです。そこでまずは、口腔内の2大疾病であるむし歯と歯周病の原因にアプローチすることから始めます。

むし歯や歯周病は細菌による感染症であり、その原因はプラークです。プラークは単なる食べカスではなく、細菌の塊です。プラーク1gの中に1,000億もの細菌が存在していて、むし歯や歯周病の原因菌が多数観察されています。まずは、このプラークをコントロール(除去・抑制)することで、お口の中を治療や再治療のリスクが低い環境に整えていくことが可能になります。

プラークコントロールの方法
<プラークの除去>再治療の原因を除去
プラークは、食事をするたびに歯に付着しますので、毎日または毎食後に歯磨きをする必要があります。ただし、単に強く磨いたり、長い時間磨いたからといって、プラークを完全に除去することはできません。

「磨いている」と「磨けている」とは意味がまったく異なります。特に、丁寧に歯磨きしているにもかかわらず、むし歯や歯周病になってしまった方は、磨き方に問題がある可能性が高いので、正しい歯磨きの指導を受けることをお勧めします。

<歯石の除去>再治療の原因を除去
プラークの磨き残しをつくると、唾液中のカルシウムやリン酸と結合して石のように硬くなります。これを歯石と呼びます。

歯石の表面はザラザラとしていて、プラークがつきやすい状態です。歯石にプラークが付着すると再び結合して、歯石はさらに増大します。歯石は歯磨きでは取り除くことはできません。専用の器具や機会を使って除去することが必要です。

<金銀パラジウム合金の除去>再治療の原因を除去
銀歯は口腔内で電位を帯びるため、プラークを凝集しやすくなります。また、口腔内で長時間使用すると金属腐食を引き起こし、表面がざらざらと粗くなります。

この粗くなった面にはプラークが滞留しやすくなります。適切な歯磨きで常にプラークをしっかりと除去できればよいのですが、自信のない方はプラーク付着量の少ない素材に切り替えることが有効です。

機能回復を実現するステージ

治療や再治療の原因となるプラークをコントロールできるようになったら、次は機能回復を実現するステージです。具体的には、むし歯治療・歯周病治療・咬み合わせの治療を開始します。

<むし歯治療>機能回復を実現するステージ
もしもむし歯になってしまったら、できるだけ早い時期に治療を受けることが大切です。むし歯が進行すると神経が冒されて歯そのものが弱くなったり、歯の根まで感染すると、その歯を抜くだけでなく、隣の歯まで悪影響を及ぼすことがあります。

<歯周病治療>機能回復を実現するステージ
歯周病治療は、いわば家を建てるときの基礎工事です。どんなに立派な家を建てても、それを支える基礎工事に手抜きがあれば、その家はすぐにダメになります。それと同様に、いくら歯の修復治療を丁寧に行っても、歯を支える顎の骨が脆ければ、歯はいずれダメになってしまいます。歯周病治療は、歯を支える骨や歯肉をしっかりさせるために必要不可欠な治療です。

<咬み合わせの治療>機能回復を実現するステージ
歯の喪失や不正歯列などにより、咬み合わせのバランスが崩れていると、片側の歯や特定の歯根に無理な力がかかってしまいます。できれば喪失対策や歯列矯正をして、バランスの良い咬み合わせを整えましょう。それによって、それぞれの歯の役割に応じた働きをさせることができ、歯の健康を長く維持できるのです。

再治療のサイクルを断ち切るための機能回復
機能回復を実現するステージでは、できるだけ精度の高い治療を選択することが有効です。精度の高い治療とは、永続性の高い治療技術を選択した上で、完成度の高い治療を実現できるような時間的余裕を持ち、医学的な根拠に基づいた材料を用いた修復物(詰め物や被せ物など)で治療することです。

精度の高い治療を選択することによって、何度も治療を繰り返すような悪循環を断ち切ってしまいましょう。当院では、単に削って詰める、悪くなったら被せるといった、その場しのぎの治療は実施したくないと考えています。

治療の再発を防止するステージ

治療の再発を防止治療の再発を防止するために最も有効な方法は、歯が悪くなってから治療を受けるのではなく、歯が悪くなる前に予防処置を受けることです。予防処置とは、3ヶ月に1回程度、定期的に歯科医院でメンテナンスクリーニングを受けることでプラークを除去し、むし歯や歯周病になりにくい口腔環境をつくることです。

スウェーデンでは治療ではなく、このメンテナンスクリーニングに力を入れたことによって、国民の平均残存歯数が飛躍的に向上しました。日本でも、メンテナンスクリーニングをしっかり受けた方と受けなかった方とでは、80歳になったときの残存歯数に約9本もの差がついたというデータがあります。

「年を重ねるほど、歯が悪くなるのは必然」というわけではないのです。若い頃から歯科医院で定期的にメンテナンスクリーニングを受け、ご自身によるセルフケアもしっかりと行えば、多くの歯を残すことが可能となるのです。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス