治療の繰り返しが歯を失う最大の理由

精度の高い治療

皆さんは、むし歯や歯周病などが「歯を失ってしまう最大の理由」だと思っているのではないでしょうか? もちろん、加齢や病気も要因のひとつではありますが、実は、そういったこと以上に問題なのが「治療の繰り返し」なのです。

歯の喪失には、次のような一定のサイクルがあります。
① むし歯になったので治療する(=削って詰める)
次へ
② 詰め物の隙間から再びむし歯になり、大きな銀の詰め物に治療しなおす
次へ
③ いつの間にか歯がしみるようになってしまったので、神経をとって銀の被せ物にする
次へ
④ 歯の根が感染して再治療となり、銀歯をつくり換える
次へ
⑤ 歯の根が割れてしまい、歯を抜くしかなくなる

治療を繰り返すことによって歯を失っていくケースは、加齢が原因だけだとはいえません。歯の寿命を伸ばすためには、このようなサイクルの中でいかに早い段階で「歯を悪くしないための予防を始められるか」がカギとなります。予防とは、定期的なメンテナンスを受けることで、歯を悪くすること自体を未然に防ぐことなのです。

そして、もしも不幸にも歯が悪くなってしまった場合は、少しでも早い段階で「精度の高い治療」を受けて、治療を繰り返す悪循環から抜け出すことが大切です。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス