精度を左右する歯型採取と修復物の違い

歯型採取と修復物の違い通常歯を削ったあとは、歯を被せ物や詰め物で修復します。その際、修復物と自分の歯との境目には、わずかな隙間ができます。この隙間が大きいと、そこに細菌の塊であるプラークがたまり、むし歯が再発する可能性が高まります。

したがって、修復物と自分の歯の隙間を際限なく、ぴったりと合わせることが求められます。ただ、これは永遠のテーマであり、そう簡単になせる技ではありません。この適合性を最大限に高めるには、歯型を採る精度を上げること、それに加えて修復物の完成度を上げることが必要になります。

歯型を採る精度を左右する点
精密な歯型を取るには、修復物と削った歯の境目を明確にする「歯肉圧排」という操作を必要とするのですが、それ以上に影響を与えるのが歯型を取るために使用する材料です。

通常、銀歯の型を取る際には寒天を使用します。これは非常に安価で、操作性に優れた材料ですが、精密さという点ではシリコンのほうがはるかに優れています。シリコン材料を用いれば非常に精密な歯型が採取できるのですが、操作性が複雑で、しかも高価であるため、残念ながら、保険診療の枠では使用できません。

修復物の精度を左右する点
精度の高い治療の実現のために、歯型を取る精度の次に求められるのは、「どれだけ精密な修復物(詰め物や被せ物)を作れるか」ということです。

歯科技工士に修復物の製作を依頼すると、その対価として技工料が発生しますが、銀歯の技工料金は、高く見積もっても3,000円以下です。逆に、優秀な歯科技工士にセラミックやジルコニアの製作を依頼した場合は、30,000円以上になるのが通常です。

歯の修復物は、その人の、その歯のためだけに製作される「オーダーメイド」です。そう考えると、体の一部となるオーダーメイドの修復物が、歯科技工士の利益を含めて3,000円以下ということのほうが、「安すぎて不安」という気がしませんか?

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス