精度の高い治療を実現させるために

精度の高い治療を実現させるために保険適用する銀歯で済ませるか、自費治療でセラミックやジルコニアを選択するか。そこには材料費の差もありますが、それ以上に「どれだけの手間と時間をかけて技術が尽くされるか」という差が大きく影響します。

そして、その技術等の差が修復物の精密さを大きく左右することはいうまでもなく、つまりは「優れた品質のもの」を求めるのであれば、それ相応の対価が必要ということなのです。

当院では、自費治療の補綴物は他の補綴物とは別に、当院院長との付き合いが長く、信頼できる技工士さんに依頼しています。精度の高い補綴物を製作してもらうには、高い技術を有する技工士であることはもちろん、医師との密な連携や意思疎通が可能であることも非常に重要なことだからです。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス