精度の高い治療の価値

精度の高い治療の価値精度の高い治療を受けるということは、治療の繰り返しのサイクルを延ばすことです。いいかえれば、「再治療のリスクをいかに低下させるか」ということです。しかし、日本の保険制度では「最善の治療を提供することが難しい」というのが現状です。

これには保険制度の成立に関係があります。歯科保険制度が制定された昭和36年当時は、むし歯の発生率が非常に高く、歯科医院には患者さんの行列ができるという時代でした。そのため、「最低限、物が噛める状態にする」という「必要最小限の治療」を保険範囲に定めたのです。

それから50年以上経過した現在、私たちの生活は当時とは比較にならないほど豊かになりました。それにもかかわらず、保険適用となる治療技術や素材の範囲は広がらないどころか、医療費抑制により縮小しているような有様です。

医科と歯科での「保険適応範囲の違い」
保険適用外となる自費治療は、歯科治療を受ける患者さんたちが困惑する最大のテーマではないでしょうか。何故なら、多くの方が「医科における健康保険の適応内容」と同様に、歯科でも健康保険で「最善の治療」を受けることができるのでは?と考えていらっしゃるからです。

しかし実際は、医科と歯科では保険適応と認められる範囲に大きな差があります。医科では、たとえば内視鏡手術など多くの最先端治療が認められていますし、新しい治療技術でも、有効性が認められると保険適用されることが多く、健康保険でも概ね「最善の治療」が提供されています。

ところが歯科の場合は、昔から保険適用されている「必要最小限の治療」しか提供できないというのが実際のところです。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス