ミニマルインターベンション(MI)とは

ミニマルインターベンション

ミニマルインターベンション(MI)とは、簡単にいえば、「歯を削る量を最小限にして、自分の歯をできるだけ残す」という治療方法です。

今までのむし歯治療は、むし歯が拡大することを防ぐために、患部周囲の健康な部分まで削り取り、金属の詰め物などに置き換える方法が主流でした。さらに、むし歯が神経の近くにまで達して痛みが生じている場合は、神経も除去していました。

しかし、MIの方針で考えてみると、それらの治療方法は間違いとなります。MIの考えに沿った方法では、むし歯に冒された部分のみを削り、その形で充填できる材料で治療するということになります。そうすれば、歯の健康な部分はほとんど削ることなく残せるからです。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス