MIが普及しない理由

できるだけ削らない治療MIは優れた治療方法なのですが、なかなか広く浸透しない理由のひとつは、歯科医院にとって利益が少ない上に、患者さんの理解が必要不可欠だからです。

MI治療ではむし歯を必要最小限だけ削ります。そのために、充填物の接着力が弱い形態になることで、充填物が外れやすくなるケースがあります。また、神経の免疫力や回復力が十分に働かない場合は、痛みが生じることもあります。

つまり、一旦治療した歯に痛みが生じたり、充填物が脱落したりすることで、患者さんからのクレームが増える可能性が高まるのです。そのためMI治療をやりたがらない歯科医院が多いのです。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス