メンテナンスの意義

健康を維持するメンテナンス

治療が終了した時点で、理想的なお口の状態になったとしても、その状態を継続することができなければ本当の意味での成功とはいえません。そのため、当院では良好な状態を維持するためのメンテナンスプログラムを充実させています。

例えば車を買ったとします。高い車であれ、安い車であれ、メンテナンスを怠れば、次第に調子が悪くなります。逆に定期的なメンテナンスを実施していれば、長期間乗り続けることが可能です。皆さんも車に関しては、オイル交換などのメンテナンスを定期的に行っているのではないでしょうか。

歯に関しても同じです。定期的なメンテナンスを受けることによって、良好な状態が維持され、歯の寿命も長くなります。結果として、美しく健やかな歯が保たれ、質の高い生活を送っていくことができるのです。

個々に最適な定期検診サイクルをご提案

定期検診サイクルをご提案メンテナンスの間隔は、通常3ヶ月~4ヶ月に1回です。ただし、お口の中の状態が良好であれば6ヶ月に1回程度で良い場合もあります。逆に状態が悪ければ、1ヶ月に1回程度必要な場合もあります。基本的には、お口の状態が良好な人ほど来院間隔は長く、悪くなる可能性が高いと思われる人ほど来院間隔は短くなります。

当院には、患者さんそれぞれにメンテナンス専用の診療記録があります。治療した歯やチェックが必要な箇所(ごく初期状態のむし歯や歯軋り、食いしばりの状況など)を詳細に記録し、メンテナンス時に見逃さないよう確認しています。そういった過去の記録を参考にして、個々の患者さんに最適なメンテナンスを提供できることが、同じ歯科医院に通い続けていただくことの最大のメリットです。

治療が終了した際や検診に来ていただいた際、その場で「次の受診日」を予約していただくことが可能です。また患者さん皆さんに「定期検診のお知らせ(ハガキ)」を送らせていただき、すぐには次の予定が立たない方や、予約した日を忘れてしまいそうな方にも、スムーズに受診していただけるよう心がけています。

メンテナンスの内容

1.お口全体の状態チェックメンテナンスの内容
まずは治療した部位の状態をチェックします。同時に、新しいむし歯や歯周病などができていないか、咬み合わせなどの状態は良好かといったことを確認します。特に歯周病は自覚症状がないため、定期的な検査こそが早期発見を可能にします。


2.スケーリング(歯石除去)メンテナンスの内容
毎日のブラッシングではなかなか取ることができない歯垢や歯石は、口腔内における病気の主原因となります。スケーリングは専用の器具を使用して、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石を除去する治療法で、当院では基本的に歯科衛生士が担当しています。

超音波を使用して、石灰化した歯石まで簡単に除去できる上に、保険が適応できるため、比較的安価な治療でもあります。スケーリングを受けた患者さんの感想は、「歯がツルツルして気持ちいい」とのこと。当院の歯科衛生士は確かな技術を有していますので、安心してお任せください。

3.PMTCメンテナンスの内容
プラーク(歯垢)や歯石が成長すると、バイオフィルム(細菌の塊)と呼ばれる歯磨きでは取れない汚れになります。このバイオフィルムを除去するために、歯科衛生士などの専門家が専用の器機を用いて行う、専門的なお口の中の清掃がPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)です。

汚れのつきにくいツルツルの歯に仕上がるので、むし歯や歯周病の予防だけでなく、口臭の改善などにも効果があります。また、歯の白さや健康な歯肉を取りもどすことが可能なため、最近では、エステ感覚でPMTCを受ける方も増えています。

4.歯ぐきのマッサージ(ガムマッサージ)メンテナンスの内容
メディカルアロマジェルを使用したマッサージで老廃した汚れや細菌を取り除き、口の中の隅々までキレイにしていきます。歯ぐきのマッサージには、「口全体のクリーニングによる汚れと細菌の除去」のほか、「唾液腺マッサージで唾液中のラクトフェリン(抗菌作用)によるデトックス・抗菌」「歯ぐきの血流改善」などの効果も期待でき、免疫力UPや口臭予防、歯周病の改善にも高い効果を発揮します。

5.フッ素塗布メンテナンスの内容
フッ素には、歯の再石灰化を促したり、細菌の活動を抑制したりする効果があり、定期的に歯にフッ素を塗布することで、むし歯や歯周病を予防することができます。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス