ミニマルインターベンション(MI)とは

ミニマルインターベンション

ミニマルインターベンション(MI)とは、簡単にいえば、「歯を削る量を最小限にして、自分の歯をできるだけ残す」という治療方法です。

今までのむし歯治療は、むし歯が拡大することを防ぐために、患部周囲の健康な部分まで削り取り、金属の詰め物などに置き換える方法が主流でした。さらに、むし歯が神経の近くにまで達して痛みが生じている場合は、神経も除去していました。

しかし、MIの方針で考えてみると、それらの治療方法は間違いとなります。MIの考えに沿った方法では、むし歯に冒された部分のみを削り、その形で充填できる材料で治療するということになります。そうすれば、歯の健康な部分はほとんど削ることなく残せるからです。

MIが普及しない理由

できるだけ削らない治療MIは優れた治療方法なのですが、なかなか広く浸透しない理由のひとつは、歯科医院にとって利益が少ない上に、患者さんの理解が必要不可欠だからです。

MI治療ではむし歯を必要最小限だけ削ります。そのために、充填物の接着力が弱い形態になることで、充填物が外れやすくなるケースがあります。また、神経の免疫力や回復力が十分に働かない場合は、痛みが生じることもあります。

つまり、一旦治療した歯に痛みが生じたり、充填物が脱落したりすることで、患者さんからのクレームが増える可能性が高まるのです。そのためMI治療をやりたがらない歯科医院が多いのです。

当院のMIに関する考え方

歯を修復するケース当院のMIに関する考え方
詰め物が壊れても補修できますが、歯が壊れてしまったら、再生することは不可能です。したがって当院は、少しでもご自身の歯を残すことを治療目標にしているのです。

具体的には、むし歯に冒された箇所だけを削り取り、そのあとに「レジン」とよばれる歯科用プラスチッティック樹脂で充填します。今までの治療方法よりも削る部分が少なく、詰め物や被せ物で置き換える必要性がないので、1回の通院で治療が終了します。

また、レジンは白いプラスティック樹脂であるために、見た目が美しく金属アレルギーの心配もありません。ただし、むし歯に冒された部分が大きい場合や、噛む力が非常に強い方の場合は、強度不足に陥りやすいので、詰め物や被せ物で置き換えたほうが良いと考えられます。

失った歯を修復するケース当院のMIに関する考え方
今までは、歯を失った場合の処置として、ブリッジを選択するのが一般的でした。しかしブリッジを掛けるためには、失った歯の両隣の健康な歯をわざわざ削る必要があるため、削った歯の寿命を縮めることになってしまっていました。

では、歯を失った箇所にインプラント治療を行う場合はどうでしょうか。インプラントは単独で機能するので、両隣の歯を傷つけることはありません。そう考えると、インプラント治療は「失った歯を修復する場合のMI治療」となり得るのです。

もちろん、どんなに医学が進歩しても、ご自身の歯に勝るものはありません。ご自身の歯をできる限り健康に保つことが、健康で豊かな生活につながる秘訣だと考えています。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス