できる限りの無痛治療を実践

痛むの少ない治療

「歯医者は苦手...」とおっしゃる方が少なくありませんが、その最大の理由は「痛いから」「痛そうだから」ということではないでしょうか? 幼少期などに痛い思いをされた方はもちろんのこと、実際に痛みを経験されていない方までもが、麻酔注射の痛み、歯を削る時の痛みなどにマイナスイメージを持っていらっしゃると思われます。

にしお歯科クリニックでは、患者さんにストレスを与えないよう、できる限りの無痛治療を実践しています。具体的には、表面麻酔・極細の注射針・電動注射器などを使用して、患者さんにとって快適な治療を目指しています。

無痛治療への具体的な取り組み

表面麻酔の実施表面麻酔
治療の痛みを抑えるために行うのが麻酔注射ですが、この注射の際の「チクッ」とした痛みが苦手とおっしゃる方も多く見受けられます。そこで当院では、麻酔注射の前には必ず、歯肉の表面にゼリー状の麻酔薬を塗布する「表面麻酔」を施しています。

この方法で歯肉表面の感覚を麻痺させることにより、注射針を刺す際の痛みを防ぐことができます。また、麻酔が効きにくい体質の方などもいらっしゃいますので、より麻酔力が高いペンレス(貼るタイプの麻酔)も、状況に合わせて使用しています。

極細注射針の使用
注射針は、太さが太いほど挿入するときの痛みは大きくなります。そこで、完全無痛治療を目指す当院では、「33G」という一番細いサイズの注射針を使用。さらには、針自体を押し込むように動かすのではなく、歯肉表面の粘膜を引っ張るようにして挿入することで、ほとんど無痛状態で麻酔を完了するよう工夫しています。

電動注射器の使用電動注射器
どんなに細い注射針を使用しても、麻酔液の注入速度が早くなったり遅くなったりと不安定になると痛みが生じます。また、手動で麻酔注射を行う場合は、圧がかかりすぎてしまうために33Gという極細注射針は使用できないのが一般的です。そこで当院では、電動注射器(オーラスター)の使用によって痛みを抑制しています。

電動注射器では、細い針でもゆっくりと麻酔液を注入することができるので、麻酔時の痛みが抑えられます。また、安定した低速度で少量ずつ注入できるため、麻酔が速く、よく効きます。さらには、効果を得るための麻酔薬の量を最少に抑えることにもつながり、安心・安全な治療に役立ちます。

レーザー治療も導入

レーザー当院では、歯科用レーザーの「オペレーザーPro(炭酸ガスレーザー)」も導入しています。レーザー治療は、医療の各分野で使用され人体に対する安全性は十分に確立されています。また、歯科用レーザー治療は痛みが少なく、従来の歯科治療に比べて治りが早いのも特徴です。

レーザーによって炎症が治まったり治癒が早くなる理由は、レーザーを当てることによって患部が40度くらいの熱を持った状態になり、その状態が10日間ほど持続することにあります。この間、患部が他の部位より高温になっているために感染が起こりにくく、また血行が良くなることから細胞の活性化が生じ、炎症が治まるのです。

不安感や・恐怖心などのストレスもなく治療でき、副作用もありません。高血圧や心臓疾患、内科的疾患などの各症状をお持ちの方から、妊婦さんなどにも安全に使用いただけます。レーザーは、外科用メスとしても使用されていますが、下のような様々な治療に効果を発揮します。

●むし歯治療/むし歯菌を殺菌し、歯質を強化します
●口内炎治療/炎症の痛みを取り除きます
●知覚過敏症/フッ素と併用し、歯がしみるのを防ぎます
●歯周病治療/炎症を抑え、歯ぐきの腫れを引かせます
●根管治療/根管に照射することで、殺菌・消毒します
●インプラント/手術時にメスとして使用することで、手術部分の治癒を早めます。
●メラニン除去/歯ぐきの黒ずみを取り除きます
●止血・殺菌/歯を抜いた後の止血と殺菌に使います

歯医者が怖いという方へ

歯医者が怖いという方へ 歯医者といえば、「痛い」「怖い」というイメージで、「できれば通いたくない」とおっしゃる方が多いと思います。しかし、そのために歯科医院から足が遠のき、歯が悪くなって食事が楽しめなくなってしまったら...。歯が気になって思いっきり笑えなくなったら...。こんなに残念なことはありません。

痛みの感じ方には個人差があるため、どんなに工夫してもなかなか「完全無痛」といい切ることは難しいと思います。ですが、麻酔注射後に「いつ、注射したんですか?」「最近は針を使わないのですか?」と言ってくださる患者さんがいらっしゃることも事実です。

当院では、歯科医院の悪いイメージを払拭することによって、個々の患者さんのQOLを維持できるよう、今後も様々な方法で「できる限りの無痛治療」に取り組んでいきます。

まずは、お悩みをご相談ください

メールでのお問い合わせ

当院までのアクセス